知的財産情報会員
2017(平成29年)
●年をお選び下さい
26年 27年 28年 29年
22年 23年 24年 25年
18年 19年 20年 21年
14年 15年 16年 17年

●月をお選び下さい
1月 2月 3月 4月
5月 6月 7月 8月
9月 10月 11月 12月

・知的財産情報会員トップページへ
知財ぷりずむ 平成29年3月号目次 No.174 
研究論考(クリックすると記事の一部をご覧いただけます。)
・欧州における地理的表示保護制度
(Squire Patton Boggs (UK) LLP(弁護士知財ネット国際チーム/農水法務支援チーム所属) 日本国弁護士・英国事務弁護士 南 かおり)


・商標の類否判断における観念の位置づけとその認定
(辻本法律特許事務所 弁護士 松田 さとみ)


・営業秘密の開示差止め外国判決と間接管轄
(大阪大学大学院経済学研究科非常勤講師 西口 博之)


連載(クリックすると記事の一部をご覧いただけます。)
・新判決例研究(第252回)サポート要件と実施例の記載 (弁護士・弁理士 田上 洋平)

・中国知的財産権訴訟判例解説(第45回)中国におけるFintech特許訴訟
〜巨額の損害賠償が命じられた事例〜
(河野特許事務所 所長・弁理士 河野 英仁)


・特許法の新論点Q&A(第12回)
(大阪弁護士会 知的財産委員会 委員 弁護士 福ア 浩)


参考資料
資料1 審判実務者研究会報告書2016の公表について 第1回(2月22日 特許庁)
資料2 商標登録出願の早期審査・早期審理の対象となる案件を拡大します(2月6日 特許庁)

インド・ASEANリレーニュース
・マレーシア人は略称好き!?
(グローバル・アイピー東京特許業務法人 弁理士 木本 大介)

リレー マンスリーニュース
・KIPRISを用いた特許検索(GIP Korea代表弁理士 ユ ジョンウ)

※本誌に掲載した論文等のうち、意見にわたる部分は、それぞれの著者の個人的見解であることをお断りいたします。


(C)Copyright 2017 Reserch Institute of Economy,Trade and Industry.