2008(平成20年)
●年をお選び下さい
29年 30年 / /
25年 26年 27年 28年
21年 22年 23年 24年
17年 18年 19年 20年
13年 14年 15年 16年
9年 10年 11年 12年
5年 6年 7年 8年
1年 2年 3年 4年

●月をお選び下さい
1月 2月 3月 4月
5月 6月 7月 8月
9月 10月 11月 12月

・昭和63年以前の目次はこちら
・特許ニューストップページへ
平成20年8月分目次 No.12315−12335
[法律関係]
▲[政令第242号]産業活力再生特別措置法等の一部を改正する法律の一部の施行期日を定める政令(21日)

▲[政令第243号]産業活力再生特別措置法関係手数料令(21日)

▲[政令第246号]弁理士法施行令の一部を改正する政令(22日)

[審決・判決関係]
≪主要判決全文紹介≫
▲審決取消請求事件(半導体素子事件)<知財高裁>
−平成18年(行ケ)第10524号、平成19年11月22日判決言渡−(5日)

▲職務発明対価支払等請求控訴事件(アルガトロバン事件)<知財高裁>
−平成19年(ネ)第10008号、平成20年5月14日判決言渡(原審・東京地裁平成17年(ワ)第12576号)−[上・下](11、12日)

[報告書・実務関係]
▲平成19年度商標出願動向調査[3・完](特許庁 総務部企画調査課)(1日)

▲平成19年度特許出願動向調査(特許庁 総務部企画調査課)(8日)

▲平成19年度特許出願技術動向調査
[1](特許庁 総務部企画調査課)(15日)、
[2・3](特許庁 特許審査第一部審査調査室)(22、29日)

▲インドにおける特許侵害訴訟について(Sharad Vadehra/翻訳:高橋雄一郎法律事務所 弁護士 高橋 雄一郎)(4日)

▲審査実務に関する三極比較研究−記載要件についての法令・審査基準の比較研究[4・5](翻訳:サクラ国際特許事務所 友野オフィス 弁理士 友野英三)(6、26日)

▲事件に学ぶ商標管理の実際[45・46](商標的使用を否定したコカコーラの「ALWAYS」「オールウェズ」表記を巡る攻防[上・下])(MKK商標研究会/中央大学講師 益子 博)(7、21日)

▲シリーズ・コンセンサス標準[1](コンセンサス標準戦略)
(一橋大学イノベーション研究センター教授 江藤 学)(13日)

▲経験デザインと知的財産権(東京理科大学 総合科学技術経営研究科 准教授・弁理士 鈴木公明)(14日)

▲エルメスの形状類似品との戦い〜「ケリー」・「バーキン」を守る〜(エルメスジャポン株式会社)(18日)

▲イノベーション促進に向けた新知財政策〜グローバル・インフラストラクチャーとしての知財システムの構築に向けて〜(特許庁 総務部企画調査課)(19日)

▲合衆国特許判例法研究−実施可能要件[12](合衆国特許弁護士 アイラ・エイチ・ドナー/翻訳及び解説:弁理士〈特定侵害訴訟代理業務付記〉友野英三)(20日)

▲イノベーション促進に向けた新知財政策〜知財プロデューサー派遣事業の概要及び解説〜(特許庁 総務部企画調査課)(20日)

▲平成19年度知的財産活動調査−調査結果の概要−(特許庁 総務部企画調査課)(25日)

▲工業所有権情報・研修館と知的財産教育協会との連携(25日)

▲中国の模倣品取締制度及び日本企業における効果的な対応について[4](北京林達劉知識産権代理事務所 法務部)(27日)

▲特許検索ガイドブックの解説(創英国際特許法律事務所 弁理士 池田正人)(27日)

▲弁理士の眼[45](ピンク・レディー無断写真掲載事件<東京地裁>平20(ワ)20986・平成20年7月4日〈民40部〉判決〈請求棄却〉)(牛木内外特許事務所 弁理士 牛木理一)(28日)

▲財団法人ソフトウェア情報センターのADR機関としての認証について(28日)

[資料・その他]
▲特許庁 特許技監・特許審査第二部長・特許審査第三部長・審判部長 就任挨拶(1日)

▲特許庁長官・総務部長 就任挨拶(8日)

▲知財高裁 開廷一覧(13、20日)

▲[随筆:発明の現場]カーティスによる航空機発明(18日)

▲セミナー開催のご案内(29日)

[異議・審判速報関係]
▲審判請求速報(1、4、6、7、8、11、15、19、20、21、25、27、28、29日)

▲判定請求速報(25、27、28日)

[人事異動]
▲特許庁人事異動(1、14、25日)



(C)Copyright 2005 Reserch Institute of Economy,Trade and Industry.