2010(平成22年)
●年をお選び下さい
29年 / / /
25年 26年 27年 28年
21年 22年 23年 24年
17年 18年 19年 20年
13年 14年 15年 16年
9年 10年 11年 12年
5年 6年 7年 8年
1年 2年 3年 4年

●月をお選び下さい
1月 2月 3月 4月
5月 6月 7月 8月
9月 10月 11月 12月

・昭和63年以前の目次はこちら
・特許ニューストップページへ
平成22年1月分目次 No.12656−12673
[法律関係]
▲[経済産業省令第70号]特許協力条約に基づく国際出願等に関する法律施行規則の一部を改正する省令 (19日)

[審決・判決関係]
≪主要判決全文紹介≫
▲平成18年(ワ)第26725号 商標権侵害差止等請求事件(第1事件)・平成19年(ワ)第15580号 商標権侵害不存在確認等請求事件(第2事件)(商標「コンバース」事件)<東京地裁>−平成21年7月23日判決言渡−(12日)

▲審決取消請求事件(商標「東京牛乳」事件)<知財高裁>
−平成20年(行ケ)第10474号、平成21年9月30日判決言渡−(18日)

▲審決取消請求事件(電流センサ事件)<知財高裁>
−平成20年(行ケ)第10431号、平成21年9月30日判決言渡−(25日)

[報告書・実務関係]
▲特許制度に関する論点整理について[1〜3・完](特許制度研究会)(6、7、8日)

▲ズームイン・不正競争事件[129](「ニンテンドーDS」不正競争事件<東京地裁>平成21年2月27日判決(平成20年(ワ)第20886号、平成20年(ワ)第35745号))(IP研究会)(13日)

▲特許調査のテクニックと検索ノウハウ[2]
(特許業務法人オンダ国際特許事務所 知財戦略支援部 畔上英樹、松尾健司)(14日)

▲知的財産の価値と知的財産権訴訟における損害賠償額[3・4](弁護士 永野周志)(15、26日)

▲中国最高裁年度報告より−判例紹介[6](商標取消審判における商標法第41条の法律適用について)(北京魏啓学法律事務所)(19日)

▲眉のブロウトリートメント技術について誓約書に基づく不使用義務の違反を認めた事例[上・下](弁護士法人梅ヶ枝中央法律事務所 弁護士・弁理士 中世古 裕之)(20、21日)

▲弁理士の眼[62](「図形+SMILE&SMILE」不使用取消・審決取消請求事件<知財高裁>平成21(行ケ)10122・平成21年11月30日〈3部〉判決〈認容→審決取消〉)(牛木内外特許事務所 弁理士 牛木理一)(22日)

▲技術賞・デザイン賞にみる優れた技術・デザイン(創英国際特許法律事務所 弁理士 大森鉄平)(26日)

▲平成21年 不正競争防止法判決の総括[上・下]
(IP研究会/監修:帝京大学 法学部・大学院法学研究科教授 青山紘一)(27、28日)

[資料・その他]
▲知財高裁 開廷一覧(6、14、20、26、28日)

▲[随筆]高度専門資格者の時代(8日)

▲[随筆]勤勉革命と日本技術(19日)

▲セミナー開催のご案内(20日)

▲[随筆]技術者の転機(22日)

[異議・審判速報関係]
▲審判請求速報(7、12、15、18、19、26、27日)

[人事異動]
▲特許庁人事異動(13、18、21、22、25日)

[特 集]
▲新春特集号「オープン・イノベーション時代の知的財産戦略について」(5日)
 (対談出席者)
  相澤益男(総合科学技術会議議員、知的財産戦略本部員、東京工業大学前学長)
  細野哲弘(特許庁長官)
 (司会)岡村信克((財)経済産業調査会 参与)


〈論文〉
中国模倣品・海賊版問題の最新状況と今後の対応のあり方について
(長島・大野・常松法律事務所 弁護士/元・経済産業省 模倣品対策・通商室模倣対策専門官 分部悠介)

中小企業にとっての知財活用とは(特許庁 総務部普及支援課)

模倣品・海賊版撲滅キャンペーン(特許庁 国際課)

▲特許庁 部課係長・審判官・審査官 名簿(29日)


(C)Copyright 2005 Reserch Institute of Economy,Trade and Industry.