2015(平成27年)
●年をお選び下さい
29年 / / /
25年 26年 27年 28年
21年 22年 23年 24年
17年 18年 19年 20年
13年 14年 15年 16年
9年 10年 11年 12年
5年 6年 7年 8年
1年 2年 3年 4年

●月をお選び下さい
1月 2月 3月 4月
5月 6月 7月 8月
9月 10月 11月 12月

・昭和63年以前の目次はこちら
・特許ニューストップページへ
平成27年8月分目次 No.14015−14035
[法律関係]
▲平成27年通常国会・衆議院経済産業委員会/参議院経済産業委員会・議事録([平成27年7月10日法律第55号]特許法等の一部を改正する法律案)[1・2](18、19日)

▲[特許庁告示第17号]国際事務局に対する手数料の金額に相当する本邦通貨の金額を定める件の一部を改正する件(28日)

[審決・判決関係]
≪主要判決全文紹介≫
▲特許権侵害差止請求事件(プロダクト・バイ・プロセスクレームの解釈事件)<最高裁>
−平成24年(受)第1024号、平成27年6月5日第二小法廷判決− (3日)

▲無効審決(不成立)取消請求事件(ダクタイル鋳物用溶融鋳鉄の溶製設備事件)
<知財高裁>
−平成25年(行ケ)第10244号、平成26年10月30日判決言渡− (10日)

▲拒絶審決取消請求事件(「イバンドロネート多形A」事件)<知財高裁>
−平成25年(行ケ)第10285号、平成27年1月22日判決言渡− (17日)

▲審決取消請求事件(柔軟化組成物.サポート要件違反事件)<知財高裁>
−平成26年(行ケ)第10052号、平成26年11月20日判決言渡− (24日)

▲無効審決(不成立)取消請求事件(アルコール飲料の風味向上剤及び風味向上法事件)<知財高裁>
−平成25年(行ケ)第10271号、平成26年11月10日判決言渡− (31日)

[報告書・実務関係]
▲中国2014年知財に関する重要判例B 商標・商号権と普通名称との間の衝突に関する研究(林達劉グループ 北京林達劉知識産権研究所 北京魏啓学法律事務所 著者:魏 啓学、陳 傑、王 洪亮)(4日)

▲成長戦略に必要な経営理論《知財版》P もしP.F.ドラッカーの理論を特許事務所や知財部に応用したら(その4)(正林国際特許商標事務所 所長弁理士 正林 真之)(5日)

▲模倣品・海賊版対策の相談業務に関する年次報告 〜【本編】政府模倣品・海賊版対策総合窓口の業務報告〜 (経済産業省 製造産業局模倣品対策室)(6日)

▲平成26年度特許出願技術動向調査
[5] −低侵襲医療機器(循環器系カテーテル及び関連機器)、次世代海洋産業−
(特許庁 総務部企画調査課、審査第二部審査調査室)(7日)、
[6] −抗体医薬、高吸水性樹脂−
(特許庁 審査第三部審査調査室、総務部企画調査課)(14日)、
[7] −非接触給電関連技術、次世代無線LAN伝送技術−
(特許庁 総務部企画調査課、審査第四部審査調査室)(21日)

▲平成26年度意匠出願動向調査 −我が国における日本居住者及び外国居住者の意匠出願動向−
(特許庁 総務部企画調査課)(28日)

▲「造形デザイン」の知財判決紹介[13] −部分意匠の類否判断と公知意匠参酌.知財高判平成27年1月28日「携帯情報端末」審決取消請求事件 平成26(行ケ)10162号− (京橋知財事務所 弁理士 梅澤 修)(11日)

▲「出版物の流通促進に向けた契約の在り方に関する調査事業」の概要
(前経済産業省 商務情報政策局文化情報関連産業課 課長補佐 望月 孝洋、経済産業省 商務情報政策局文化情報関連産業課 課長補佐・弁護士 中本 緑吾)(11日)

▲「プロダクト・バイ・プロセス・クレームに関する最高裁判決」への一考察 −最高裁平成24年(受)第1024号(平成27年6月5日判決). (日本大学法学部 大学院知的財産研究科 教授 加藤 浩)(12日)

▲「知的財産推進計画2015」の概要について(内閣官房 知的財産戦略推進事務局 参事官 田川 和幸)(12日)

▲知的資産経営(実践編)B 実践事例3:かなわ水産株式会社のケース
(中小企業診断士 落野 洋一)(13日)

▲商標判例読解  「JAS」事件判決(商標権者がその登録商標を使用していることの証明について)
(ユアサハラ法律特許事務所/商標判例研究会 弁護士 小野 智博)(19日)

▲地域における観光と知的財産の関連性[4](東京理科大学専門職大学院(MIP)教授 生越 由美)(20日)

▲アメリカ合衆国における地理的表示の保護
(弁理士・吉備国際大学大学院知的財産研究科(通信制)教授 中村 知公)(25日)

▲注目著作権判例紹介[58](「分冊の著作者名」事件)東京地裁平成25年3月1日判決、一部認容、一部棄却(確定)、判時2119号105頁、平22年(ワ)38003号、出版差止等請求事件、民事40部判決
(吉備国際大学・大学院知的財産学研究科(通信制)併任教授 生駒 正文、吉備国際大学大学院知的財産学研究科(通信制)教授 久々湊 伸一)(25日)

▲日中韓の審査実務の比較研究(補正要件) .第1回「法令・審査基準[1]」.
(日本大学大学院 知的財産研究科 教授 加藤 浩)(26日)

▲現行法下におけるTFの積極的保護のあり方(牛木内外特許事務所 弁理士 牛木 理一)(27日)

[資料・その他]
▲知的財産関連ニュース報道(韓国版)<2015年7月>
(アンダーソン・毛利・友常法律事務所 韓国弁理士 金 成鎬)(26日)

▲知的財産関連ニュース報道(中国版)<2015年7月>
(林達劉グループ 北京林達劉知識産権研究所 北京林達劉知識産権代理事務所)(27日)

▲知財高裁開廷一覧(5、12、13、20、31日)

▲[随筆]コレクターの心理(6日)

▲[随筆]国税電子申告システム(27日)

▲[春宵一刻][102]羅針盤の偏角(13日)

▲[春宵一刻][103]プトレマイオス世界図の功罪(19日)

▲[春宵一刻][104]未知の南方大陸の発見(31日)
(西村あさひ法律事務所 弁護士 宍戸 充)

▲特許事務所紹介(暑中見舞い)(3日)

[人事異動]
▲特許庁人事異動(3、5、13、21、28、31日)



(C)Copyright 2015 Research Institute of Economy,Trade and Industry.