2016(平成28年)
●年をお選び下さい
25年 26年 27年 28年
21年 22年 23年 24年
17年 18年 19年 20年
13年 14年 15年 16年
9年 10年 11年 12年
5年 6年 7年 8年
1年 2年 3年 4年

●月をお選び下さい
1月 2月 3月 4月
5月 6月 7月 8月
9月 10月 11月 12月

・昭和63年以前の目次はこちら
・特許ニューストップページへ
平成28年8月分目次 No.14255−14276
[法律関係]
▲平成27年通常国会・衆議院経済産業委員会/参議院経済産業委員会・議事録([平成27年7月10日法律第 55号]特許法等の一部を改正する法律案)[52・完](4日)

[審決・判決関係]
≪主要判決全文紹介≫
▲損害賠償請求事件(地盤強化工法事件)<東京地裁>
−平成27年(ワ)第14399号、平成27年10月14日判決言渡− (1日)

▲拒絶査定不服審決取消請求事件(「5角柱体状の首筋周りストレッチ枕」事件)<知財高裁>
−平成27年(行ケ)第10165号、平成28年3月23日判決言渡− (8日)

▲特許権侵害に基づく損害賠償請求事件(ソルダペースト組成物−進歩性欠如に基づく特許無効の抗弁 <東京地裁>
−平成26年(ワ)第29478号、平成27年12月17日判決言渡− (15日)

▲特許権侵害差止請求事件(PHを調整した低エキス分のビールテイスト飲料事件)<東京地裁>
−平成27年(ワ)第1025号、平成27年10月29日判決言渡− (22日)

▲拒絶査定不服審決取消訴訟(「パーティクル濃度測定装置」進歩性判断誤認事件)<知財高裁>
−平成27年(行ケ)第10129号、平成28年3月16日判決言渡−[上・下](29、30日)

[報告書・実務関係]
▲平成27年度特許出願技術動向調査

▲成長戦略に必要な経営理論《知財版》  知財戦略立案のために必要なツールと経営理論とその応用[その5](正林国際特許商標事務所 所長弁理士 正林 真之)(2日)

▲中国2015年知財に関する重要判例A デザインの特徴の認定及び意匠の類否判断にもたらされる影響に関する研究
(林達劉グループ 北京林達劉知識産権研究所 北京魏啓学法律事務所 著者:魏 啓学、陳 傑、王 洪亮)(3日)

▲知財の常識・非常識B 特許法上の間接侵害について
(桜坂法律事務所 弁護士 牧野 知彦)(4日)

▲平成27年度意匠出願動向調査 −自動車、ファッション−
(特許庁 総務部企画調査課)(5日)

▲平成27年度特許出願技術動向調査
[6] −パワーレーザ、液晶表示素子【中国特化型】−
(特許庁 審査第一部審査調査室、特許庁 総務部企画調査課)(12日)、
[7] −香料関連技術【中国特化型】、GTL(Gas to Liquids)関連技術【中国特化型】− (特許庁 総務部企画調査課)(19日)、
[8] −風力発電【中国特化型】、ターニングセンタ及びマシニングセンタ【中国特化型】− (特許庁 審査第二部審査調査室、特許庁 総務部企画調査課)(26日)

▲注目知的財産権法判例紹介[67](「岩山海」事件)知財高裁平成26年10月29日判決、棄却(確定)、判時2242号124頁、平26(行ケ)10118号、審決取消請求事件、第2部判決(5日)、

▲注目知的財産権法判例紹介[68](「KAMUI」事件)知財高裁平成26年3月13日判決、認容(上告・上告受理申立て)、判時2227号120頁、平25(行ケ)10226号、審決取消請求事件、第一部判決(30日)、

▲注目知的財産権法判例紹介[69](「パールフィルター」事件)知財高裁平成25年12月25日判決、判時2222号86頁、平25(行ケ)10164号、認容(上告受理申立て)、審決取消請求事件、第三部判決(31日)
(吉備国際大学・大学院知的財産学研究科(通信制)併任教授 生駒 正文、吉備国際大学大学院知的財産学研究科(通信制)教授 久々湊 伸一)

▲ズームイン・不正競争事件[194]虚偽事実の告知文書送付事件 東京地裁平成27年12月10日判決(平成27(ワ)2587、同7096) 不正競争防止法違反行為差止等請求事件(IP研究会)(9日)

▲注目著作権判例紹介[61](「BSS−PACKミドルソフト」事件)知財高裁平成26年8月27日判決、控訴棄却(上告・上告受理申立て)、判時2245号72頁、平25(ネ)10085号、損害賠償、同中間確認各請求控訴事件、第2部判決 原審:東京地判平25年9月24日、平23(ワ)34126号(9日)、

▲注目著作権判例紹介[62](映画『Shall we ダンス?』事件)東京地裁平成24年2月28日判決、控訴棄却(定)、最高裁HP・知的財産裁判例集、平成20年(ワ)第9300号、損害賠償請求事件、民事第47部判決(24日)
(吉備国際大学・大学院知的財産学研究科(通信制)併任教授 生駒 正文、吉備国際大学大学院知的財産学研究科(通信制)教授 久々湊 伸一)

▲模倣品・海賊版対策の相談業務に関する年次報告 〜【本編】政府模倣品・海賊版対策総合窓口の業務報告〜 (経済産業省 製造産業局模倣品対策室)(10日)

▲商標判例読解  「アイライト」事件(不使用取消審判における「商標的使用」について)
(ユアサハラ法律特許事務所/商標判例研究会 弁理士 富所 英子)(16日)

▲商標権侵害を理由とするサイトブロッキングを命じた英控訴院判決
(ゾンデルホフ&アインゼル法律特許事務所 弁護士 松永 章吾)(17日)

▲地域における観光と知的財産の関連性[15]
(東京理科大学専門職大学院(MIP)教授 生越 由美)(18日)

▲商標権の行使が権利濫用に該当するか争われた事例 −DHC事件− 
(弁護士法人 内田・鮫島法律事務所 弁護士・弁理士 杉尾 雄一)(23日)

▲海外商標制度シリーズG 香港の商標制度の概要
(特許業務法人RIN IP Partners 弁理士 宮城 和浩)(24日)

▲日中韓の審査実務の事例研究(補正要件) −第4回− 
(日本大学大学院 知的財産研究科 教授 加藤 浩)(25日)

▲弁理士の眼[140]登録商標「桜桃苺・図形」登録取消決定取消請求事件 −知財高裁平成28(行ケ)10003・平成28年6月23日(4部)判決<請求棄却>− (牛木内外特許事務所 弁理士 牛木 理一)(31日)

[資料・その他]
▲知的財産関連ニュース報道(韓国版)<2016年7月>
(アンダーソン・毛利・友常法律事務所 韓国弁理士 金 成鎬)(17日)

▲知的財産関連ニュース報道(中国版)<2016年7月>
(林達劉グループ 北京林達劉知識産権研究所 北京林達劉知識産権代理事務所)(18日)

▲知財高裁開廷一覧(2、10、19、23、29、30日)

▲[随筆]記憶しない思考(3日)

▲[随筆]自然農法の限界(16日)

▲[随筆]縄文時代再評価(23日)

▲[随筆]細分化される財(26日)

▲[春宵一刻][123]蒸気自動車(2日)

▲[春宵一刻][124]蒸気機関車の発明(12日)

▲[春宵一刻][125]カルノーの思考実験(19日)

▲[春宵一刻][126]ガス灯の発明(25日)
(西村あさひ法律事務所 弁護士 宍戸 充)

▲特許事務所紹介(暑中見舞い)(1日)

[人事異動]
▲特許庁人事異動(2、10、18、23日)



(C)Copyright 2016 Research Institute of Economy,Trade and Industry.