2017(平成29年)
●年をお選び下さい
29年 30年 / /
25年 26年 27年 28年
21年 22年 23年 24年
17年 18年 19年 20年
13年 14年 15年 16年
9年 10年 11年 12年
5年 6年 7年 8年
1年 2年 3年 4年

●月をお選び下さい
1月 2月 3月 4月
5月 6月 7月 8月
9月 10月 11月 12月

・昭和63年以前の目次はこちら
・特許ニューストップページへ
平成29年6月分目次 No.14456−14477
[審決・判決関係](※クリックすると記事の一部をご覧いただけます。)
≪主要判決全文紹介≫
▲拒絶査定不服審決取消訴訟(「タイヤ」に関する本件発明と引用発明の相違点誤認に基づく進歩性誤認事 件)<知財高裁>  −平成28年(行ケ)第10079号、平成28年11月16日判決言渡−[上・下](5、6日)

▲特許権侵害行為差止請求上告受理事件(ビタミンDおよびステロイド誘導体の合成用中間体およびその 製造方法−均等発明事件)<最高裁・知財高裁> −平成28年(受)第1242号、平成29年3月24日最高裁第二小法廷判決言渡(原審:平成27年(ネ)第10014号、 平成28年3月25日判決言渡)−[上・下](12、13日)

▲特許権侵害差止請求事件(「金融商品取引管理システム」特許の侵害論・無効論)<東京地裁>  −平成27年(ワ)第4461号、平成29年2月10日判決言渡−[上・下](19、20日)

▲特許無効審決(成立)取消訴訟事件(「摩擦熱変色性筆記具及びそれを用いた摩擦熱変色セット」発明容 易想到事件)<知財高裁>  −平成28年(行ケ)第10186号、平成29年3月21日判決言渡−[上・下](26、27日)

[報告書・実務関係](※クリックすると記事の一部をご覧いただけます。)
▲成長戦略に必要な経営理論《知財版》39 もし知財人材が“戦略的思考”をもって世界を見たならば[そ の3](正林国際特許商標事務所 所長弁理士 正林 真之)(1日)

▲中国2015年知財に関する重要判例[J・完] 企業名称と先行の登録商標権、企業名称権との間の衝突に 関する認定 (林達劉グループ 北京林達劉知識産権研究所 北京魏啓学法律事務所 著者:魏 啓学、方 善姫)(2日)

▲知財の常識・非常識G 特許侵害訴訟における作用効果不奏功の主張[下] (桜坂法律事務所 弁護士 古城 春実)(7日)

▲特許出願動向から考える日本のコンテンツ産業のこれから(三菱UFJリサーチ&コンサルティング(株) 副主任研究員 萩原 理史、協力:イノベーションリサーチ(株) 武藤 謙次郎)(8日)

▲インドにおける知的財産実務Q 「知的財産紛争における仲裁制度の活用とその限界」 (TMI総合法律事務所 弁護士 小川 聡、弁護士 白井 紀充)(9日)

▲注目知的財産権法判例紹介[79](「NEO PHYTHM」事件)知財高裁平成25年3月21日判決、認容(確定)、 判時2198号127頁、平2(行ケ)10382号、審決取消請求事件、第4部判決(9日)、

▲注目知的財産権法判例紹介[80](「Admiral」事件)知財高裁平成27年5月13日判決、認容(上告・上告 受理申立て)、判時2270号98頁、平26(行ケ)10170.10174号、審決取消請求事件、第一部判決(14日)、

▲注目知的財産権法判例紹介[81](「フランク三浦」事件)知財高裁平成28年4月12日判決、請求認容(審 決取消)、ジュリ1496号8頁速報(小林 利明)、裁判所HP、第三部判決 (吉備国際大学大学院 知的財産学研究科(通信制) 教授 生駒 正文、元 吉備国際大学大学院 知的財産学 研究科(通信制) 教授 久々湊 伸一)(23日)

▲地域における観光と知的財産の関連性[24](東京理科大学専門職大学院(MIP) 教授 生越 由美)(15日)

▲特許・意匠出願動向調査について(特許庁 総務部企画調査課)(16日)

▲平成28年度特許出願技術動向調査
[1] −高効率火力発電・発電用ガスタービン− 
(特許庁 総務部企画調査課)(23日)
[2] −電池の試験及び状態検出− 
(特許庁 審査第一部審査調査室、特許庁 総務部企画調査課)(30日)


▲中国知財の最新動向[2]「商標審査及び審理基準」の改正(BLJ法律事務所 弁護士 遠藤 誠)(21日)

▲社会変革を興すIoT・AIと知的財産[2]AI技術に関する発明の特許法による権利化の動向 (東京理科大学専門職大学院 平塚研究室フェロー 弁理士 中畑 稔、東京理科大学専門職大学院 平塚研究 室フェロー 弁理士 小林 和人、東京理科大学専門職大学院 イノベーション研究科知的財産戦略専攻 教授  平塚 三好)(22日)

▲日中韓の審判実務の比較研究(無効審判) −第3回−  (日本大学 法学部(大学院法学研究科) 教授 加藤 浩)(28日)

▲弁理士の眼[150]「テント」商品形態・不正競争行為差止等請求事件 −東京地裁平成27(ワ)21853・ 平成29年2月24日(民40部)判決<請求棄却>− (牛木内外特許事務所 弁理士 牛木 理一)(29日)

[資料・その他]
▲知的財産関連ニュース報道(韓国版)<2017年5月>
(アンダーソン・毛利・友常法律事務所 韓国弁理士 金 成鎬)(16日)
▲知的財産関連ニュース報道(中国版)<2017年5月>
(林達劉グループ 北京林達劉知識産権研究所 北京林達劉知識産権代理事務所)(22日)
▲知財高裁開廷一覧(1、2、16、23、29日)
▲[随筆]中国における模倣問題(1日)
▲[随筆]音楽CDの衰退(8日)
▲[随筆]ペリー提督の交渉戦略(13日)
▲[随筆]天才への報酬(15日)
▲[随筆]ダンバー数と組織(22日)
▲[春宵一刻][141]火と空気とフロギストン(7日)
▲[春宵一刻][142]メルカトル図法の発明(27日)
(宍戸法律特許事務所(元 知財高裁判事) 弁護士 宍戸 充)

[人事異動]
▲特許庁人事異動(9、13、14、23、27、29日)


(C)Copyright 2017 Research Institute of Economy,Trade and Industry.