知的財産情報会員
令和3年(2021年)
●年をお選び下さい
1年 2年 3年 /

●月をお選び下さい
1月 2月 3月 4月
5月 6月 7月 8月
9月 10月 11月 12月

・平成31年4月以前の目次はこちら
・知的財産情報会員トップページへ
知財ぷりずむ 令和3年4月号目次 No.223 
研究論考(クリックすると記事の一部をご覧いただけます。)
・アジア・知財の現場を歩く(第6回) ミャンマー
(黒瀬IPマネジメント 弁理士 黒瀬 雅志)


・進歩性に関する近時の裁判例(V)
(みやび坂総合法律事務所 弁護士・弁理士・職務発明コンサルタント 橋 淳)


・JASRAC対音楽教室訴訟−知財高裁による最近の控訴審判決を中心に−
(元大阪大学大学院経済学研究科講師 西口 博之)


連載(クリックすると記事の一部をご覧いただけます。)
・特許係争の実務(第47回)
(大野総合法律事務所 弁護士・ニューヨーク州弁護士・弁理士 大野 聖二)


・新判決例研究(第332回)
焼肉のたれの容器の位置商標の自他商品識別力が争われた事案
(弁護士・弁理士 山田 威一郎)


・新判決例研究(第333回)
食品包装用容器事件
(弁護士・弁理士 横尾 和也)


・米国・中国知的財産権訴訟判例解説(第4回)
(中国)中国における均等の解釈〜農業機械特許の技術的範囲解釈事例〜
(河野特許事務所 所長・弁理士 河野 英仁)


・コンピュータソフトウエア関連発明の特許明細書の研究 第4回
記憶手段、通信手段
(日本橋知的財産総合事務所 弁理士 加島 広基)


・知的財産契約の実務(第9回)
知的財産契約に関するリスクマネジメント −知的財産契約の適正な履行を考慮して−
(青山学院大学法学部特別招聘教授 石田 正泰)


・知財法務の勘所Q&A(第46回)
(アンダーソン・毛利・友常 法律事務所 外国法共同事業 弁護士 大石 裕太)


参考資料
資料1 審判実務者研究会報告書2020の公表について(3月24日 特許庁)
資料2 第15回産業構造審議会知的財産分科会配布資料(3月15日 特許庁)

海外知財アップデート
・インドにおける強制実施権の発動可能性〜新型コロナウイルスのワクチンを巡る議論〜
(TMI総合法律事務所 弁護士 宮村 頼光)

リレー マンスリーニュース
・韓流ブーム、再び
(GIP Korea代表弁理士 柳鍾宇(ユ ジョンウ))

※本誌に掲載した論文等のうち、意見にわたる部分は、それぞれの著者の個人的見解であることをお断りいたします。


(C)Copyright 2021 Reserch Institute of Economy,Trade and Industry.