(一財)経済産業調査会ロゴ <<< 前の画面へ戻る最新の研修会一覧過去の研修会一覧お問い合わせメールマガジン登録会員サービス
特許ニュース バックナンバー 検索・閲覧サービス

オンライン知的財産セミナー

最新のパブリックツールとMSエクセルによる特許分析実践
〜J-PlatPatとLens.orgを使い倒した分析から知財経営まで〜


◆社内で特許分析を行うのはハードルが高いと頭を悩ませている知財関係者の皆様!
 本セミナーから特許分析は始められます!
◆非常に有用な講師オリジナルの特許分析ツールを後編受講者の皆様に提供!


 昨今、知財情報を経営に活かそうというIPランドスケープのような試みや、コーポレートガバナンス・コードの改定により知財投資戦略の開示といった社会的な要請も生じています。

 このように、知財をとりまく環境は大きく変化しており、特許などの権利化・維持のような従来からの業務の他に知財情報を経営に活かすことが求められつつあります。これにより、知財情報の活用は、知財部門や技術開発部門への情報提供のためのパテントマップの作成から、経営層へのビジネス上の示唆の提供や、社外への適切な開示といった幅広い範囲に拡がっています。

 しかし、これらの活動の元になるパテントマップ(特許情報の分析結果)の作成には、ツールの導入や維持に費用がかかるのが一般的であり、社内に有益な情報を提供できるようになるには技能の習得にかなりの時間を要することから、社内で特許分析を行うのはハードルが高いと頭を悩ませている知財関係者も多いのではないでしょうか?

 本セミナーでは、特許に携わる知財・研究開発部門の担当者を対象に、講師の企業知財の立場とクライアントを支援する事務所の立場の両面の経験を踏まえ、特許分析のテクニックに留まることなく、特許分析の理論やノウハウを事例とともに具体的に解説します。

 前編では、ここから特許分析を始められるように、特許分析の理論と導入について話した後、無料で開放されている各種のオンラインツールを用いた特許分析の具体的な方法を紹介します。

 後編では、オンラインツールで取得したデータを用いた分析をするために講師オリジナルのエクセル分析ツールを提供しますので、これによりオンラインではできない分析も行えます。この講師オリジナルツールは、非常に有用なツールとなっておりますので、是非、取得をおすすめいたします。

 さらに、後編ではテキストマイニングのためのフリーソフトウェア「KH Coder」を使用した分析も行います。(KH Coderのホームページ https://khcoder.net/ から同ソフトウェアをダウンロードしインストールする必要があります。)

 是非多数ご参加くださいますようご案内申し上げます。

※これらのツールで使用するデータの取得について
J-PlatPatから分析用のデータ(CSVデータ)を取得するためにはユーザ登録が必要になりますので、J-PlatPatの特許・実用新案検索 https://www.j-platpat.inpit.go.jp/p0100 の検索結果に表示される「CSV出力」から事前に利用申請をされることをおすすめします。操作については前編の最後で説明します。

◆◇◆◇プログラム◇◆◇◆◇◆◇
(前編・12月1日)

1.特許分析の理論と導入
 (ア) 総論
  ・ 特許分析とは
  ・ 特許分析の項目
  ・ 特許分析の流れ
  ・ 特許情報から見えること
  ・ 特許分析の目的
 (イ) 要点
  ・ 業界・顧客属性による特許情報の利用範囲
  ・ 引用・被引用
  ・ 特許情報に振り回されないために
 (ウ) 導入
  ・ 本セミナーにおける特許分析の全体像
  ・ 分析の流れ
2.オンライン分析
 (ア) オンライン分析でできること
 (イ) オンライン分析できる各種特許データベース
  ・ J-PlatPat
  ・ Lens.org
  ・ Google Patents
 (ウ) 特許分類の検索・取得(PMGS/分類対照ツール/古い特許分類の調べ方)
3.オンラインツールを用いた分析事例

(後編・12月8日)
1.エクセル分析ツールを用いた定量分析
 (ア) 提供するツールの説明
 (イ) 事前準備
 (ウ) ピボットテーブルによる集計
 (エ) 特許分類から情報を読み取る
 (オ) 動向の見せ方、比較の仕方
 (カ) このツールでできる分析
2.KH Coderによるテキストマイニング
 (ア) テキストの準備
 (イ) 前処理
 (ウ) 共起ネットワークの作成
 (エ) キーワードの使われ方の確認
 (オ) この分析でわかることと利用法
3.オフラインツールを用いた分析事例
 (ア) J-PlatPatのデータを使用した国内分析
 (イ) Lens.orgのデータを使用したグローバル分析
4.特許分析の知財経営への活用
 (ア)IPランドスケープ実践のための現状分析
 (イ)特許分析と知財経営

申込ボタン

日 時 (前編)2022年12月1日(木) 受付終了
(後編)2022年12月8日(木)
14:00〜16:30 途中休憩あり
(Zoomによるオンライン開催)

※申し込んでいただいた皆様には、セミナー終了後にセミナーを録画した動画(2週間閲覧可能)の閲覧用URLをお送りいたしますので、セミナー当日に都合がつかない方も受講可能です。
講  師  佐藤総合特許事務所
 所長・弁理士
 佐藤 寿 氏
講師略歴
特許事務所で明細書作成や中間処理などの事務所実務を経験した後、半導体製造メーカーで知財部門をメインに経営戦略部門として経営計画策定に従事。知財分析とマーケティング調査を合わせたビジネス分析を実践。
令和3年に佐藤総合特許事務所を設立。
blog:patent & marketing
Twitter:@PatAndMarketing
聴 講 料 前・後編 両日御参加
会員(普通・特別) 10,000円(税込)
一 般      20,000円(税込)

前編または後編のみ御参加
会員(普通・特別)  5,000円(税込)
一 般      10,000円(税込)

※知的財産情報会員の「セミナー無料招待券」もご利用いただけます。
※請求書はセミナー終了後にお送りいたます。
※特許ニュース、経済産業公報の購読者は一般料金となります。
注意事項
お願い

・本セミナー参加に際しては、当会HPへの申込みとZoomへの登録が必要となります。Zoom登録用のURLは開催日の前日までにメール送信いたします。ご登録いただきますと、参加用のURLがZoomからメール送信されます。ご面倒をお掛けいたしますが、必要事項をそれぞれのフォームにご入力をお願いいたします。

・お申し込み受付は開催日2営業日前の正午までとさせていただきます。

・通信環境により動画が止まるなどのトラブルがありますので、安定したインターネット環境、視聴に適したデバイスでの受講をおすすめいたします。

・音声が聞こえない場合はPCのボリュームがオフになっていないかご確認下さい。また、PCの再起動、Zoomへの再接続が有効な場合もございます。

・視聴に伴う通信料は、お客様のご負担となります。

ZOOMの動作確認については、こちらからお願いします。

主  催 一般財団法人 経済産業調査会

キャンセルについて
参加をキャンセルされる場合は、必ずメールにてご連絡ください。



個人情報の取扱いについて
  お申込時にいただきました個人情報につきましては、本講座の実施、運営に利用させていただくとともに、新刊書やセミナー・講演会等の各種ご案内など当会の事業活動に限って使用させていただくことがあります。
  また、本講座の講師にお客様の「所属先」、「部署名(役職名)」、「氏名」等をお知らせさせていただきます。
 本件に関し、不都合がございましたらご連絡ください。
一般財団法人 経済産業調査会  業務部
TEL:03−3535−4881   E−mail: seminar@chosakai.or.jp

無断転載を禁じます 一般財団法人経済産業調査会
Copyright 1998-2016 Reserch Institute of Economy, Trade and Industry.
<<< 前の画面へ戻る最新の研修会一覧過去の研修会一覧お問い合わせメール配信サービス会員サービス(一財)経済産業調査会ポータル