特許ニュース <<< 前の画面へ戻るお問い合わせ知的財産情報会員刊行物セミナー
特許ニューストップページポータルサイト
特許ニュース バックナンバー検索・閲覧サービス
令和2年(2020年)
●年をお選び下さい
1年 2年 3年 /

●月をお選び下さい
1月 2月 3月 4月
5月 6月 7月 8月
9月 10月 11月 12月

※ご希望の特許ニュースのバックナンバーを販売致します。残部がない場合には全ページコピーサービスとなります。価格、送料等についてのお問い合わせやお申込みは、メールまたはFAX(03-3535-4884)でお願い致します。
申し込みフォーム

・平成31年以前の目次はこちら
・昭和63年以前の目次はこちら
特許ニュース 令和2年6月分目次 No.15181−15202
[法律関係](※クリックすると記事の一部をご覧いただけます。)
▲[令和2年・経済産業省令第49号]特許法施行規則等の一部を改正する省令について(特許庁)(2日) ▲著作権法及びプログラムの著作物に係る登録の特例に関する法律の一部を改正する法律の概要(文化庁) (30日)

[審決・判決関係](※クリックすると記事の一部をご覧いただけます。)
≪主要判決全文紹介≫
▲ 審決取消請求事件(「多結晶質シリコン断片及び多結晶質シリコンロッドの粉砕方法」事件.炭化タング ステン粒子の「質量により秤量したメジアン粒径」の測定方法が不明。⇒明確性要件×。)<知財高裁>  .令和元年(行ケ)第10095号、令和2年3月12日判決言渡.[上・下](1、2日)

▲ 拒絶査定不服審決取消訴訟(「携帯用グリップ」(特願2016.546535号)出願手続違背及び進歩性誤認事 件)<知財高裁>  .平成30年(行ケ)第10031号、平成31年2月6日判決言渡.[上・下](8、9日)

▲ 特許権侵害差止等請求事件(光照射装置.原告の「不実施の共有者が特許法102条3項により算定される 損害額を現に請求していない限り、実施している共有者は、同条2項により算定される損害額全額につ いて請求可能である」との主張についての判断)<大阪地裁>  .平成29年(ワ)第7532号、令和元年12月16日判決言渡.[上・下](15、16日)

▲ 審決取消請求事件(「L.グルタミン酸生産菌及びL.グルタミンの製造方法」事件.引用文献に記載され たデータの理解につき、執筆者自身が述べた考察を重視した。⇒進歩性〇)<知財高裁>  .平成31年(行ケ)第10019号、令和2年3月25日判決言渡.[上・下](22、23日)

[報告書・実務関係](※クリックすると記事の一部をご覧いただけます。)
▲中国2018年知財に関する重要判例[J・完] 商標権侵害紛争事件における正当な使用の抗弁についての 検討(林達劉グループ 北京魏啓学法律事務所 著者:魏 啓学、陳 傑、李 g)(3日)

▲成長戦略に必要な経営理論《知財版》  もし知財関係者が「クリステンセン経営論」を読んだとしたら [その3](正林国際特許商標事務所 所長弁理士 正林 真之)(4日)

▲IoT/5G時代の標準必須特許の活用と対応[1]FTC v. Qualcomm裁判の概要とその影響 (東京工業大学 弁理士 小林 和人)(5日)

▲事業承継における実務・法の検討@ 事業承継の実行と実務(吉備国際大学大学院 知的財産学研究科 教 授 生駒 正文、行政書士/上辻靖夫事務所長・事業承継支援 上辻 靖夫)(10日)

▲知財の常識・非常識  効果的記載のクレームアップ(桜坂法律事務所 弁護士 堀籠 佳典)(11日)

▲世界の知的財産法[33] ニュージーランド(BLJ法律事務所 弁護士 遠藤 誠)(12日)

▲ドイツにおける特許権行使のトレンド[3] .特許法の大改正と欧州統一特許裁判所(UPC)の行方.  (ホフマンアイトレ特許法律事務所 ドイツ弁護士 眞峯 伸哉)(17日)

▲5G(フェーズ2)で発展するXR (日本大学 生産工学部 講師(非常勤)・映像新聞論説委員 杉沼 浩司(Ph. D.))(18日)

▲令和元年度 特許・意匠・商標の出願技術動向調査について(特許庁 総務部企画調査課)(19日)

▲令和元年度 特許出願技術動向調査
[1]‐インフラ設備のIoTを活用した維持管理技術‐
(特許庁 審査第一部計測審査官 越柴 洋哉、特許庁 審査第一部調整課審査調査室 佐々木 龍)(19日)、
[2]‐福祉用具‐(特許庁 審査第二部審査調査室)(26日)

▲模倣品・海賊版対策の相談業務に関する年次報告 〜政府模倣品・海賊版対策総合窓口の業務報告〜  (特許庁 国際協力課模倣品対策室)(24日)

▲超スマート社会における知財戦略[6](東京理科大学 経営学研究科 教授 生越 由美)(25日)

▲欧州各国の知的財産制度[8](フランス[中])(日本大学 法学部(大学院法学研究科) 教授 加藤 浩)(29日)

▲弁理士の眼[186]登録商標「駿河屋」無効審決取消請求事件 .知財高裁令和1(行ケ)10111. 令和2 年3月11日(4部)判決<請求認容/審決取消>. (牛木内外特許事務所 弁理士 牛木 理一)(30日)

[資料・その他]
▲令和2年度「知財功労賞」の受賞者を決定しました(経済産業省・特許庁)(12日)
▲特許庁ホームページに「お助けサイト」 を新設しました(特許庁 総務部総務課広報室)(2、19日)
▲知的財産関連ニュース報道(韓国版)<2020年5月>
(アンダーソン・毛利・友常法律事務所/KNP特許法律事務所(韓国) 弁理士 金 成鎬)(17日)
▲知的財産関連ニュース報道(中国版)<2020年5月>
(林達劉グループ 北京林達劉知識産権研究所 北京林達劉知識産権代理事務所)(29日)
▲[春宵一刻][202] ファン・ヘルモントの柳の木の実験(9日)
▲[春宵一刻][203] 進化論と地球の年齢に関する論争(16日)
(宍戸法律特許事務所(元 知財高裁判事) 弁護士 宍戸 充)

[人事異動]
▲特許庁人事異動(16、17、29日)



(C)Copyright 2020 Research Institute of Economy,Trade and Industry.