特許ニュース <<< 前の画面へ戻るお問い合わせ知的財産情報会員刊行物セミナー
特許ニューストップページポータルサイト
特許ニュース バックナンバー検索・閲覧サービス
令和元年(2019年)
●年をお選び下さい
1年 2年 3年 /

●月をお選び下さい
/ / / /
5月 6月 7月 8月
9月 10月 11月 12月

※ご希望の特許ニュースのバックナンバーを販売致します。残部がない場合には全ページコピーサービスとなります。価格、送料等についてのお問い合わせやお申込みは、メールまたはFAX(03-3535-4884)でお願い致します。
申し込みフォーム

・平成31年以前の目次はこちら
・昭和63年以前の目次はこちら
特許ニュース 令和元年7月分目次 No.14961−14982
[法律関係]
▲[令和元年・経済産業省令第16号]特許法施行規則等の一部を改正する省令(特許庁 制度審議室)(22日)
▲[平成31年・特許庁告示第2号]特定登録調査機関の先行技術調査業務を行う事務所の所在地を変更す る件(29日)
▲[平成31年・特許庁告示第3号]登録調査機関の調査業務を行う事務所の所在地を変更する件(29日)
▲[平成31年・特許庁告示第4号]特許庁以外の条約に規定する国際調査機関に対する調査手数料の金額に相当する本邦通貨の金額を定める件の一部を改正する件(29日)
▲[平成31年・特許庁告示第5号]登録調査機関の調査業務を行う事務所の所在地を変更する件(29日)
▲[平成31年・特許庁告示第6号]特定登録調査機関の先行技術調査業務を行う事務所の所在地を変更する件(29日)

[審決・判決関係](※クリックすると記事の一部をご覧いただけます。)
≪主要判決全文紹介≫
▲ 特許無効審判不成立審決取消請求事件(「油または脂肪中の環境汚染物質の低減方法、揮発性環境汚染物 質低減作業流体、健康サプリメントおよび動物飼料製品」(特許第3905538号)進歩性誤認(相違点の認 定の誤り及び容易性の判断の誤り)事件)<知財高裁>  −平成30年(行ケ)第10027号、平成31年1月28日判決言渡−[上・下](1、2日)

▲ 審決取消請求事件(神経変性疾患治療薬−動機付けの有無、技術常識に基づく治療奏効性の予測)<知 財高裁>  −平成30年(行ケ)第10098号、平成31年3月25日判決言渡−[上・下](8、9日)

▲ 審決取消請求事件(「IL−17産生の阻害」事件−公知の有効成分及び治療用途である医薬組成物について、 新たに見出した作用・機序を「用途」として特定して、新規性・進歩性が認められた事例。)<知財高裁>  −平成30年(行ケ)第10036号、平成31年3月19日判決言渡−[上・下](16、17日)

[報告書・実務関係](※クリックすると記事の一部をご覧いただけます。)
▲調査・解析から見た知財戦略[最終回](これからのIPランドスケープ) (正林国際特許商標事務所 所長弁理士 正林 真之)(2日)

▲成長戦略に必要な経営理論《知財版》  知財と格差[その4:格差を作るのも知財、格差を埋めるの も知財](正林国際特許商標事務所 所長弁理士 正林 真之)(3日)

▲中国2018年知財に関する重要判例@ 中国への領域拡張を請求した立体商標の平等な保護 (林達劉グループ 北京魏啓学法律事務所 著者:魏 啓学、王 洪亮)(4日)

▲平成30年度特許出願技術動向調査
[3] −樹脂素材と異種素材との接合技術−
(特許庁 審査第三部審査調査室、特許庁 総務部企画調査課)(5日)、
[4] −電池の充放電技術−
(特許庁 審査第四部審査調査室、特許庁 総務部企画調査課)(12日)、
[5] −電子ゲーム−(特許庁 審査第一部自然資源審査官 上田 泰、特許庁 審査第一部調整課審査調査室 最首 祐樹)(19日)、
[6] −人工関節−
(特許庁 審査第二部審査調査室、特許庁 総務部企画調査課)(26日)


▲人工知能(AI)に関する特許と特許法改正の査証制度 (ユアサハラ法律特許事務所 弁護士 岡本 義則)(9日)

▲種苗法育成者権侵害事件の最近の裁判例[上・下] (弁護士法人 内田・鮫島法律事務所 弁護士・博士(理学) 篠田 淳郎)(10、11日)

▲AIにおける法的検討・AI管理A AIによる民法データの管理 (吉備国際大学大学院 知的財産学研究科 教授/名古屋大学・明治学院大学 名誉教授 加賀山 茂)(18日)

▲ドイツにおけるFRAND義務違反の判断手法 −Unwired Planet v. Huawei事件デュッセルドルフ高裁 判決− (ゾンデルホフ&アインゼル法律特許事務所 弁護士 松永 章吾)(22日)

▲「特許行政年次報告書2019年版」について 〜知財の視点から振り返る平成という時代〜 (特許庁 総務部企画調査課企画班 調査係長 飯濱 翔太郎)(23日)

▲中国知財の最新動向[14]中国の商標法及び不正競争防止法の2019年改正 (BLJ法律事務所 弁護士 遠藤 誠)(24日)

▲模倣品・海賊版対策の相談業務に関する年次報告 〜政府模倣品・海賊版対策総合窓口の業務報告〜 (経済産業省 製造産業局模倣品対策室)(25日)

▲アセアン諸国の知的財産制度[18](ブルネイ[下]) (日本大学 法学部(大学院法学研究科) 教授 加藤 浩)(29日)

▲弁理士の眼[175]「イラスト」著作権侵害差止等請求事件 −大阪地裁平成28(ワ)8552. 平成31年4月 18日(21民部)判決<請求認容>− (牛木内外特許事務所 弁理士 牛木 理一)(30日)

[資料・その他]
▲知的財産関連ニュース報道(中国版)<2019年6月>
(林達劉グループ 北京林達劉知識産権研究所 北京林達劉知識産権代理事務所)(24日)
▲知的財産関連ニュース報道(韓国版)<2019年6月>
(アンダーソン・毛利・友常法律事務所 韓国弁理士 金 成鎬)(30日)
▲知的財産研修会(意匠の意見書作成の実務)(3、9日)
▲知的財産研修会(数値限定発明に特有の留意点の解説)(19日)

[人事異動]
▲経済産業省人事異動(特許庁長官に松永明氏就任)(10日)
▲特許庁人事異動(5、10、11、12、17日)

[人事異動]
▲特許庁 部課係長・審判官・審査官 名簿 〜令和元年(2019年)7月5日現在〜 (31日)



(C)Copyright 2019 Research Institute of Economy,Trade and Industry.