1996(平成8年)
●年をお選び下さい
25年 26年 27年 28年
21年 22年 23年 24年
17年 18年 19年 20年
13年 14年 15年 16年
9年 10年 11年 12年
5年 6年 7年 8年
1年 2年 3年 4年

●月をお選び下さい
1月 2月 3月 4月
5月 6月 7月 8月
9月 10月 11月 12月

・昭和63年以前の目次はこちら
・特許ニューストップページへ
平成8年1月分目次 No.9244 −9261
〔審決・判決関係〕
≪主要判決全文紹介≫
▲審決取消訴訟判決にみる類否判断の変遷(原告:清水信吉、被告:プロッパーウェルク・ゲゼルシャ、フト・ミット・ベシュレンクテル・ハフツング)
−昭和55年(行ケ)第333号、昭和58年3月9日判決言渡−[100](弁理士杉本文一)(16日)

〔報告書・実務関係〕
▲商標法等の改正に関する答申(平成7年12月13日)

[2〜5・完](工業所有権審議会)(8、10、12、17、22日)

▲「特許法等の一部を改正する法律」の概要と解説(平成6年法律第116号)[17・18](特許庁工業所有権制度改正審議会)(9、18日)

▲技術標準を巡る知的財産権問題への新たな指針(技術標準を巡る知的財産権問題に関する調査研究委員会報告書)[11、12、13] (財団法人 知的財産研究所)(11、24、30日)

▲デジタル化ネットワーク化に対応した知的財産権問題について(平成7年12月)[1・2] (デジタル化に係る知的財産権問題検討委員会)(23、31日)

▲図説判例シリーズ 特許権設定登録後に公決前補正が要旨変更と認められた事例(7)−薄形玉貸機事件−[14] (佐伯特許事務所 弁理士 佐伯憲生)(25日)

▲−商標法等の改正に関する平成7年12月工業所有権審議会答申について−(立体商標制度導入に関する若干の問題点) (立体商標問題研究会)(26日)

▲特許方式問題の所在[9](元 特許庁総務課方式審査基準室長山崎浩輝)(29日)

〔資料・その他〕
▲権利譲渡・実施許諾の用意ある特・実リスト(10月分)(8日分) ▲[随筆]百聞は一見に如かず(16日)

▲[随筆]印刷配線の元祖(25日)

▲平成8年度特許特別会計予算の概要(26日)

〔異議・審判速報関係〕
▲特許・異議決定速報(12、17、24、29日)

▲特許・異議申立速報(10、16、22、23、25、26、30、31日)

▲実用・異議決定速報(9、18日)

▲実用・異議申立速報(8、11、19日)

▲前審異議審判請求速報(12、22日)

▲審判請求速報(9、11日)

▲審判関係異議申立速報(18、24、31日)

▲無効審判事件等の審決速報(10、17、23日)

〔人事異動〕
▲平成7年12月25日付、26日付、平成8年1月1日付、1月8日付発令(19日)

〔特 集〕
▲新春特集−グローバリゼーションの進展と知的所有権の展望−(5日)
<座談会出席者>
青井舒一(株式会社東芝代表取締役会長・社団法人経済団体連合会副会長)
樺澤襄(弁理士会会長)
司会:清川佑ニ(特許庁長官)


(C)Copyright 2005 Reserch Institute of Economy,Trade and Industry.